こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


執筆! 執筆! さっさと執筆! その1 by五味太郎


しばくぞ!
はろあー、
ふと、ひっこしおばさんを思い出すことがままある太郎さんだよー^-^



気づいてる方もいると思うのですが、そう、トップ記事が変わってます。
具体的に言うと、僕の番外公演の選択肢が増えてます。

『スロウスターとの明日唄』


劇団ユニットとはメンバーの予定をあわせることになかなか融通の利かせ方が難しいもので、しかも今回の公演は8月とまだまだ先(予定だけどね)。正直見通しがつかないという出演希望者も多いのではなかろうかと、時点の出演予定者全員に再確認をとりましたところ、やはり厳しい人もいたわけで。

そこで人数調整がきくように、ジャスティスが困難であった場合の予備の台本を用意するというわけです。完了形じゃないのはもちろん執筆中だから……。

なんにせよ早めに対策にでてよかったです。そなえあればうれしいな。

劇団を主宰する人で、あの手この手で欲しい役者をくどき落とそうとする方がちょいちょいいるかと思われるのですが、僕はああいうのは好きになれません。

ハッキリ言って、主催者や演出家はえらく饒舌ですしその気になれば使いたい役者さんをまるめこむのはそれほど難しくはないでしょう。でも本当にそれでうまくいくんかと。

というのも、アレですよ。最初企画の段階で、どーしても欲しい役者さんがスケジュールが曖昧でしぶったとしますよね。でも使う側はどーしてもほしいんです、その時は。どーしても。そのつもりで企画する方もたまにいます。

そいで、最初さそうときは都合のいいこと言ってやさしくまるめこむんですね。でも実際はその役者さんも自分の経験や状況からしぶったわけで、結局稽古にあまりこれない日とかが出てきちゃうわけです。すると途端に機嫌の悪くなる演出。こうなったら最悪ですね。決まり文句は『参加を決めたんだから』とかそんなところでしょうか。

や、まあ、ありそうだなっていう妄想なんですが。

近い形で似たようなことは溢れてるんじゃないでしょうか。

僕はおかしいと思います。向こうからのっかってきたならまだしも、半ば無理やり誘ってのそれは。

それならば最初から自分の実力の範囲内でのみつくればいい。無理して手にあますより、等身大で100%出し切ればいいのにって思っちゃいます。自己評価が高いから理想を求めすぎるのでしょうかね。卑屈な僕がいえたことではないかもしれませんが。

客演の場合なんかも同じですよね。


なんでこんなこと言うかって半分自分のことなんですよね。僕は特に口八丁手八丁、舌先三寸でのやり方が主軸でしたから。それでうまくいったことは多かったですけど、うまくいかなかったちょっとの部分の、内容はすごく重いわけで。

自分に絶対的な力があれば、誰を使ったってうまくいくハズです。『お前は特にそうであるべきだろう、ジャンク堂の五味として』と自分にしかりつけました。

今ここまで考えが変われたのは、そういう『ジャンクアート』の精神、追い求める形に少し近づいて、こんな僕でもほんのちょっと自信がついてきたからです。

過去形にはしていますが、別に「今の自分は違うぜ」などと過去と現在の自分を比較して自己正当化したいわけではなく、むしろそんなことは堂々とはまだまだ言えないわけで。僕はまだそこ(描いた自分)へシフトする途中でしかないからです。


今回残念ながら出演を辞退した方は残念です(寂しい、という意味で)。が、僕の創作活動は終わりませんのでまたどこかでご縁があればよろしくお願いします。その時をこころより楽しみにしています。

それから、再確認に対して『やります、僕がのります』的な意向を変わらずに向けてくれた出演予定の皆さん、ガッツリたのしくつくりあげていきましょう!


次回は『スロウスターとの明日唄』について触れていこうかな。

それではせーの、

ばいにー!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/114-1f88abe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。