こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LPR本番終了  by五味太郎


LPR舞台


3日ステージ数6!

ステージプラス年間動員トップ!(歴代2位)

アンケート回収率80%!

黒字!




なかなかよい結果で終えることができました。はろあー五味太郎です。


今回演出としてかみました。よかったです。


動員数は歴代2位だけど1位のところはステージ数が7だから……と言い訳なしで。というか第一回の公演での動員数は基準にしかならないのでなんとも言えないですね。

次に減るお客さんがいるでしょうし、気に入ったお客さんが新しく誰かをつれてきてくれるかもしれないし。そこはわからない。

でもアンケート回収率はちょっとショックだなあ。95%はキープしたいところ。


初日の初演、19時の回は役者がノリにのっていた。なかなかよかった。

2ステージ目。11時から。会場10時半。小屋入りが10時になるのでなかなかの無茶スケジュール。それを見事に、こなせてなかったように思う。もうズッルズル。これはいかんと五味の中で何かがキレる。
「飯食うたら稽古したいひとすぐ降りてきて」

もちろん即全員集合。つかみが最重要だと判明していたので、出だしからフルパワーでなければならない西田美咲ちゃんを中心にアタマの稽古をする。
方法は僕も隣で演技をするというもの。基本的にはテンションやニュアンスを具体的に僕が体現して役者にコピーしてもらう。さらに役者がテンパったりする演技のところは僕もテンパってそれを渡してテンパらせたり、

西田ξ(‘λ')ν「じゃあ…お客さんで勇気って呼んだのうちが初めて…?」
とかいうセリフの時に

五味J(ΦζΦ)し「ベッドインの時に言うニュアンスで。いめーじしてぇ~。もっかい、もっかい」

とかわけのわからないことを耳元でボソボソと言っていました。役者もわけのわからないテンションでハイになれたようで、結果15時からの3ステージ目は、かなりいい感じで終えることができました。

4ステージ目。同じく休憩いなん人は降りてきてくれと言ったが、次はぽつぽつとしか集まらず。正直がっかりしたが、どのみち全員につけてるヒマないのでいる人で稽古。しかしそれもあまり時間がなかった。結果、2ステの時よりひどくないが、まあよくはない感じになってしまった。

その日の夜、帰って僕は『明日は僕も役者と力尽きよう』と決め、役者へのひみつのメッセージ(表彰状)を書き書き。イラストまで入れたので無駄に時間かかって徹夜してしまった。

楽日。

5ステージ目。役者を半ば強制的に集め、昨日と同じく稽古つけたい役者と僕が一緒に演技をしてテンションをだしやすくする。この稽古方法は人によってはかなりいい感じかもしれない。
それからヒロインの西田(詩織)には秘密で主役(?)の駅員、勇気くんに手袋の下、左手の薬指に指輪をはめるように指示。

ラストシーン、酔ってる勇気が手袋をはずし詩織に握手を求める。本来ならば、勇気に恋する詩織はテレながらも手をとるというものだが、指輪に気づいた西田は

ξ(‘λ')ν「( ゜Д ゜)! え」

ほんの反瞬凍りついたのち、なんか無理やりやりきってた。

うーん、何かリアクションしてくれると嬉しかったのだが。恋する乙女がもう一歩先に踏み出すようなシーンにしたかったんだけどなー。


そして西田は楽屋で半泣きになってた。僕爆笑。

J(ΦζΦ)し『いやぁ、前々からやろうと思ってたけどすっかり忘れてて。次までに何か考えといてね』
ξ(‘λ')ν「言ってよ!」
J(ΦζΦ)し『ごめんなさいー( ゜∀ ゜)』だが反省はしていない。

この回自体は結構よかった。当初パネルとベンチの強度が不安で、動きが激しい包丁のシーンは地面にしていたのだが、いかんせん見にくいので千秋楽のみベンチに変えることに。その他、最後の稽古でちょいちょい演出を変えた。



最後、千秋楽。

まさかにキンソンがかかった時点で僕の無表情から涙が出た。いまだによくわからない。別に哀しくはなかったし。

役者のほうは結構のっていて、流石千秋楽マジックといった感じ。
急な変更点もサクサクこなしていく役者陣。よかったー。

気になるラストシーン。勇気が手袋を外して、指輪をみた詩織

ξ(‘λ')ν「! 略奪愛もいいよね!(バシッ!)」

やりやがった。

J(ΦζΦ)し「そうきたか」
ぼそっと笑いながら言う僕。お客さんもかなり笑った。

そこまでガッツリ前向きに行くとは。でもキャラクター上はバッチシ。よきかなよきかな。


そしてそして、これまたまさかにオーラスの時点で客席から拍手が。

これには客席後ろで待機していた僕も舞台監督の西くんもびっくり喜び。

本当にいい楽日を迎えることができました。

五味も

J(ΦζΦ)し「さむいわっ!」

と天気に文句言うほど寒い中来てくださったお客様、ありがとうございました。



ところかわって打ち上げ。

僕は照れくさかったが一人一人に設定した賞を感謝の言葉を贈る。

ちょっと感動→絵を見て爆笑

みたいな流れが終始続いてよかった。しんみりとか照れくさいのはヤなんだよね。

あ、絵写メっとけばよかったなぁ。送ってもらおう。番外編の記事書いてのせますー。


書き疲れたのでこのへんで。

せーの。

ばいにー!
LPRうちあげ


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/123-67a3ebfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。