こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バラバラ  by五味太郎



年賀

皆さん当選の確認はされましたでしょうか


はろあー、見事にハズレた太郎さんだよー^-^


もうね、バッラバラ。数字だけじゃなくてこの日のために人に親切にしてきた僕の験担ぎが無駄になって心がバラバラ。


バラバラっていうと結構世の中はバラバラの塊で出来てますよね。
人の考えなんて特にバラバラで、だから面白いとかもあるんでしょうけど実際苦労のほうがその9倍多いです。


本日も部活のコーチに行っておりまして(裏方メンツで装置作ってるだけだけど)、今度の三年生を送る会で脚本、演出、役者をやっております後輩に「大会の本もチャレンジするんやろ?」と訪ねたところちょっと渋っているようでして。

その子は結構本とか書くクチなんですけど、自分の考えをうまく表現できないようで演出に若干の不安があるようなんです。

そうなんですよね。なるべく脚本を書いた人が演出をしたほうがいい。しかしそう本人も思ったところで芝居が仕上がるかというとそうでもない。考え方が違っていろんな意見がでるのはとてもいいことだけどそれが1対多数、つまり演出家意外が同意見だったりするとタチが悪い。結局自分で書いた本を自分を思い描いたとおりにはできないんだから書いた者としては何をしているかわからないでしょう。

僕も似たようなもので、自分が演出する作品意外で役者ができない。どうしても理解ができない。一度「こうしたい」と思ったものがダメだともう動けなくなってしまう。だから僕は役者タイプと180度角度が違うし、役者を尊敬する。

もっと言うと相方の作品以外はドッコイに感じる。相方の作品が僕にとって10だとすると、それ以外の0~9は僕にとって同価値でしかない。相方の作品を演出する時が一番楽しい。むしろ相方の作品以外は極端に言えばしたくない。それぐらい僕は自分に正直他人にワガママ。

逆に自分が手がけた脚本に愛着はあれど、他人の意見はかなり受け入れやすい。それは上記で言っているように僕の作品ですら0~9の意識に入るから。
それでも僕の作品が好きよ、と言ってくれる仲間やお客さんにはいつも申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいになる。

やっぱり自分の作品に賛同してくれる人とお芝居できないと正直進行に厳しいところはある。賛同した上での色んな意見だったらいいけども……。うちの最上級生は女4人なんだけども一人一人が均衡したリーダータイプ(?)だからうまく意見があえば強いけど、我も強いから割れると大変。大魔王が倒されて残った四天王が運営みたいな。そんなん。


同じようなことで「オムニバス公演」ってあるじゃないですか。
結構若手の団体さんとかやりたがるんですけど、ホント僕には理解できない(びびってる的な意味で)

一見、十人十色な団体がさらに固まってボリューム満点で足し算的に楽しくなりそうなもんですけど現実はそんなことない。

冷静に考えてみてくださいね。ただでさえ一本芝居打つのにワケワカランぐらい大量の資料を作成しないといけないのにそれがオムニバスの数だけ増えるんです。仮に4つの話だとしましょう。じゃあ労力は4倍かというと、全然全然。「4乗」と言っても過言じゃないです。

4つをやるにおいての稽古の問題、装置の問題、音響照明、転換エトセトラエトセトラ。苦労は2+2+2+とかのレベルじゃなく2×2×2×、そして面白さってのはやっぱ内容の問題で寄り集まれば楽しくなるわけではありません。むしろ作品にいろんな縛りが出てきて難しいのなんの。しかも転換で確実に集中が切れるし、前後の話でお客の高揚感も変わるわけで。

だからオムニバスやりよる人はホントすごい。
僕は何度となく企画を紙に起こしてみたものの、そのどれもが保留。今は扱う自身がない。


もし学生さんとかで「人集めて劇団やりたい!」って人がいて、うまいことリーダータイプみたいなのが集まってしまっても「じゃあ皆好きな作品をやろう!」なんて安易に思わないほうがいいです。コケますよ、それ。


お客さんに何を提供したいのか、それで自分がやりたいことではなく「やれること」をするだけでも十分すぎるほどの価値がだせるハズです。気持ちがあれば。

一人一人が自分のやれることをきっちりやったら、その感動は計算式で出せないほどの力になるんじゃないでしょうか。



それではこのへんで、

せーの、

ばいにー!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/153-6b3f8bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。