こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



石切駅は山の上にあった



町と言うよりは村に近くて、建物は昭和を思わせるような民家がぽつぽつ

その地域全体が急な坂道でなりたっているもんだから、建物の隙間の向こう側にある夜景がよくみえる

それはすごかった。満点の星空に引けを取らないほどの無数のネオンと宝石をぶちまけたような色とりどりの光はまほろばというにふさわしく、きっと日本うんたら夜景のひとつに登録されているに違いないと確信した

ただ、それでも僕は自分で驚くぐらいなんの感動もわいてこなかった

たとえば僕の左隣あたりに誰かがいてくれたのならその感動を共有して相乗効果で胸いっぱいの何かを蓄えることができたんだろうけど、今のように一人で堪能できるほどの心の余裕は今の僕にはなくて


10秒ほど何も考えずに突っ立ってから石切神社を目指す


駅員さんの言っていた通り「線路沿い突き当り右」をまっすぐにすすむ。どうやら坂を下るらしいのだけど、その坂というのが自転車でのぼるのはもちろんくだることも遠慮したいほど急だった。道幅も狭く、ただでさえ初詣なんて気分じゃない億劫な気持をさらに強められた

人気はほとんどない。外灯もぽつぽつとあるだけなのでかなり薄暗い。でも僕にしては珍しく「怖い」と感じなかった。社が多かったからかもしれないし、寒さで気が紛れていたからかもしれない。もしかしたら何もかもがどうでもよくて早く帰ることしか頭になかったからいつもの僕とは違っただけか。いずれにしろやっぱり億劫だった。

向かいから家族やカップルが1、2組流れてくる。道が間違っていないことを確信すると歩調を特に速めることなく僕は坂をさらにくだっていく。途中、三角巾に割烹着のおばちゃんをみかけた。やっぱりここは昭和っぽい。

駅から最寄りと聞いていたが10分歩いても着かないことには流石に不安を覚えた。

あたりを見回そうにも後ろは上り坂、左右は民家やシャッターの下りた古びた店で道は狭い一本道。だからなんとなしに上を見た。


星ってこんなにみえるのか


月こそ出ていないものの、そこには夜空をほんのりあかるくさせるほどの星が瞬いていた。3つならんで、その四隅にまた星があるのがオリオン座。すごくみつけやすいから僕は好き。覚えてるかな、オリオン座。

しばらく上をむいて歩いた。流れ星でも流れる気がしていたから


ほどなくして「ようこそ石切神社へ」という看板と鳥居が僕を迎えてくれる

石切神社はバカでかかった。これはご利益がありそうだ、早く帰りたい気持ちはかわらないまま、一礼して鳥居をくぐる。新しい年が始まった







別記

お昼に東京タワーメンバーで初詣に行っておみくじは僕と山下くんが大吉でした。
僕は占いの類が大好きですが、まあ、どこまでいっても占いは占いですね。
運命なんてのがあるとしたら、僕はそれを拒絶したい。

ばいばい
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/328-4aba7af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。