こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


劇的に2 by五味たろう


はろあー

ぬいぐるみを抱いて寝ているたろうさんだよー

今日は前回記事の続きで新メンバー紹介+αだよー

とその前に訂正。

今回新劇団員1人+専属スタッフ1人の紹介予定でしたが、さらに新たな劇団員が増えましたので新劇団員2名の紹介をします。


はい、まずこの子

















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ハチコ1


【プロフィール】
名前:中山はちこ
ポジション:役者
自己紹介:初めまして。ご縁によってこの度正規団員として入団する運びとなりましたはちこです。頑固で気まぐれで物怖じはしません。とってもネガティブで夢見がちなサブカル系女子。これから劇的☆ジャンク堂のエネルギーになれるように頑張ります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

はちこちゃんです。
僕があほなメールをしてもかぶせて返してくれる、僕の新しいおもちゃ友人です。

年は二つ下になるのかな? ですがなかなか肝がすわっていますね。前回はヒロインのツンデレ偏屈少女「畏田レア」ちゃんを演じてもらいました。

なんかひねろうとして頑張りきれてない写メが心にくいですね。おそらく実物のほうが可愛らしいです。
それにしてもうちの劇団員は山が多い。山下とか山中とか中山とかややこしいねん。

彼女の事は「はちこ」と呼んであげてください。

ハチコ2



続きまして、











☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
くろさわさん


【プロフィール】
名前:黒澤誠

ポジション:役者

自己紹介:
初めまして、黒澤誠と言います。

基本的性格は…
無口な割に、かなり負けず嫌い。
考え出すと行動に移せない割に、何も考えもなしに動き出す。
話すネタがない割に、本当は人と喋りたい。
楽しい事はインドア・アウトドア共に大好き。その割に、不器用。
目が悪い割に、コンタクトが嫌い。

…とまあ、取り敢えず面倒くさい性格です。

まだまだ未熟者ですが、皆さんどうぞ宜しくお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

というわけで狙ったわけではありませんが前回主役の気の弱い義父「畏田透」役の黒澤さんです。

出会いはとある劇団さんの制作お手伝いで、ただの当日スタッフで特に仕事もなかった僕が独りさみしく端の床でポツンと正座していると、何故かきょどりながら「ど、どうぞ」と座布団を差し出してくれた方です。

僕はそれに感動し、同時に「あ、今度の主役みっけ」とパパ散の出演を自分の中で確定しました。

そんな細かいところまで目がとどく、気配りができて謙虚で優しいかたです。
何故かまぐまさんとよく食事にいっているようです。

関係ないけどくろさわさんとクロワッサンて似てる。




さて!
なんと!
新劇団員追加はまだ終わってないんですねぇー。
とりあえず今年は夏あたりでもう一人封印されたヒロインが帰ってくる予定です。
なんという地盤の固さ。

初期メンバーの五味、山中、本田、森岡、山下を第一期として、今年のメンツを第二期、そして来年の正規メンバーを第三期とし、その人たちを中心にジャンクを大きな運営組織として機能させていきたいと考えています。

まだまだ仲間は足りてませんので是非一度ジャンク堂にみなさん関わってみてください。


時点では
【第一期】
五味、山中、本田、森岡、山下

【第二期】
西田、まぐま、はちこ、黒沢、FK

【研修生】
山田


11人ですね。あと正規メンバー5人は欲しいかな。
僕がその人数をまだ扱えないから先の話だけど。多数精鋭でいきたいですね。

今年も何人か研修生が入って、第三期の正規メンバーになってもらえるよう育たなければ。

もちろんスタッフさんも大ボシュー。むしろスタッフさん大募集だわ。

---------


先日、バケツの朗読劇いってきました。

おそらく一年半ぶりにジャンク堂第一回メンバーのママンにあったけど、彼は全く久しぶり感がなく安心した。

バケツの朗読劇の脚本自体は面白いの知ってたから割合。
今度機会あったらみんな行くことをお勧めする。

場所は小さなバーの中で、フロアの隅でやってたんだけども落ち着いた雰囲気と小じんまりした感じがすばらしく、かなりリラックスして観れました。芝居仲間と大勢で行きたい。心からそう思った。

ほんで、読んでる女の子がこれまた可愛いんだ。
オゾケストロベリードールズでイチゴちゃんやってた子であってるのかな?
間違ってたら本気でごめん。


京都は施設や環境が充実してて芝居の平均レベルは大阪より高いと思われる。

その中でも「飛び出していけばいいのに」という人材が、それでもやっぱりうもれているのはなんだかなぁと感慨深くなってしまう。

こじんまりした場所でやっていることを言っているわけではなく、彼女曰く「どこかに所属しているわけではない」と。

所属するのが必ずしもいいわけでもないけど、趣味でちょいちょいやるには勿体ないパワーと技術を持っていたから。

そこで言うと野村がしかりだけどね。あ、今日野村誕生日だ。おめでとう。


うーん、ようは僕が欲しい人材さんが好きに演劇をできない環境下にいる、あるいは本人にそこまでのつもりがない、もしくは僕との縁がない。もやもやするなぁ。

極端なことを言えばすぐれた主宰には優れた人が自ら近づくだろうし己を高めればすむのかもしれないけども。。

いや、僕が求めてるのは信頼できる人か。
今はまだ幸せな時期。

頑張ろう、ジャンクメンバ。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/396-2db188c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。