こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リアリズムとファンタジーの狭間で by五味



久しぶりにまとも(まじめ?)に舞台のつくりかたとかそういうのについて考察していることをつらつら書いてみる。

最初に言っておきますが、考え抜いた結論ではなく考えながらうっていきます。


リアルとファンタジーってことで。

僕はリアリズム(現実的)、あるいはシュールレアリスム(超現実主義)を好む。

現実的ってのはなんとなくイメージできると思う。
「芝居してます」
というと、一般の人の多くは「ああ、宝塚とか私も好き」とか「劇団四季みにいったことある」と合わせてくれようとするのですが、ごめんなさい、内心僕は苦笑いです。

もちろん宝塚や四季を否定していたり嫌っているわけではありませんが、僕の好みとしては三谷幸喜さんや久藤勘九郎さんだからです。

そしてシュールと言えば、言われてもあまりイメージつかないのではないでしょうか?

   / ̄\
  |  ^o^ | < ぶちころすぞ
   \_/    
   _| |_
  |     |
         / ̄\
        |     |  < バーカ
         \_/
         _| |_
        |     |

   / ̄\
  |  ^o^ | <このやろう
   \_/   
   _| |_  
  |     |    
     ⊂彡  ≡/ ̄\
   スカッ  |     | < おっとあぶない
         \_/
         _| |_


まあこういうことです。
↑は僕の好きなブームくんです。

ナンセンス、とも言えますね。

ここまでで僕のひねくれた性格が既に見え隠れしているのですが続きます。


対してファンタジー。SF。超自然ですね。

魔法などの超常現象、あるいは錬金術などの空想科学。
好きですが、舞台に限っては余り好みません。。。

これは僕の得意とする会話劇から離れていることと、扱いきれる舞台人が少ないため多少の偏見ははいっているかもしれません。

まあだってたいがいはイタイことになります。イタイまではいかなくても「ほぅ。で?」という感想が多いです。
何故でしょうね。そっち系ではかなり人気があって有名な劇団さんの芝居を3つみましたがそれでさえ「きれいにまとまっているなぁ」でした。

唯一好んでみるファンタジーはおそらく末満さん作品ぐらいでしょう。ですがそれも圧倒的な末満さんのプロデュース力、役者を使う力があってこそだと痛感しました。

大阪でトップレベルではなくトップなスエケンさんですからその脚本が使われることも多いのでしょう。ある劇団がスエケンさんの作品を扱っているのをみました。その作品の本家を僕は観ていたので結構わくわくしてたのですが。

役者も悪くない、演出も悪くない、制作面だってしっかりしていたと思う。芝居自体もやっぱり面白かった。でも、それでも、
「あー、ここまで劣化するのかぁ」という最低な感想がでてしまった。
劣化、というのはかなり語弊があるかもしれない。
単にそれは本家が圧倒的すぎた。

役者の質、熱量、かけてる想い。目に見えて本家の人たちは『異常』と呼ぶにふさわしいですから。

をもってしてこそ初めて扱えるジャンルなんだな、と思うわけです。


そして相性をここで考えます。
以下はいい相性

現実-日常会話、ぬるい空気、環境音、雑なセリフ、私服、具象舞台
空想-歌、ダンス、踊り、カラフルな照明、詩的なセリフ、派手な衣装、抽象舞台

ざっと思いつくのがこれぐらいです。
相容れないとは言えないし、頑張ればどちらでもいけるのですが、まあ相性がいい悪いで言えばいいだろう、という基準のもと仕分けしてみました。

そいで、さっきから僕が「得意」としているのが圧倒的すぎるぐらい↑なんです。↓は逆に苦手。イメージ力ないからですかね^^;

これを両立している劇団さんと言えばsundayさんぐらいではないでしょうか。
なんか僕の狭い世界でいろんな劇団さんをダシにしていますがいずれもそのてで最前線だから問題ないよね? よね?


この相容れにくい、をマスターしたいわけです。
しかしバトルマスターになろうとしたら戦士と武闘家を極めないといけないわけで。
僕は空想の演出力が欠如しています。

このままで果たして根性論で「空想要素の入った現実」を表現できるのか。これは怪しい。

なんてったってもうコケられない。


今度の扱う題材とやりたい演出を考えるとキャラメルボックスさんが一番イメージ近いかもしれない。若干sundayよりかな?


困る要素その1として、登場人物。キャラクター。

どこまでデフォルメ(過剰表現)するかだよね。これがうわすべりすると、いわゆる「イタイ」になる。
僕は登場人物にかなり気をつかって、あまりにも「いや、そんなやつはいない」の一歩二歩手前を狙っている。
具体例でいうとくれよんしんちゃんの映画「暗黒タマタマ大追跡」に出るオカマ3人はおk、テイルズシリーズのキャラはアウト。(ちなみにテイルズシリーズは大好きです)

『人間味』と『キャラクター』って感じ?? うーんもっと深く違いを考えよう。。
その人物に過去や未来、人生を感じるか感じないか?? これも曖昧だなぁ。

テイルズとかガチガチのファンタジーに出てくるキャラクターって動機が極端すぎる気がする……。物語の一部に特化したパーツって感じで、複雑っていうふうにはとらえにくい。=とっつきやすいから若年層に人気なのかもしれないけどね。メリットデメリットそりゃあるんだろうけど、冷静に考えて現実にあいつらいたら超イタイよね。

それでテーマが重いようで軽い。これはニーズ的に考えて仕方ないけど。あれ? なんか批判っぽくなってるな……。話し戻すけど僕との相性ね。

もちろんメリットはやはり「軽い」ということ。
PPの呪いの姫子ちゃんなんかは女の子のちっちゃくて大きな気持ちをポップに表現してたからこそだし。

そうだな。「重い」はファンタジーよりリアルのほうが向いているかもしれない。秒速5センチの虚無はファンタジーと相性悪そうっていうかファンタジーで表現する必要性が共感という点で疑問符うかぶ。


考えれば考えるほどすりあわないなぁ……。
単に力不足が把握できるだけじゃないか。


この前お偉い方とぽろぽろ喋ってたんだけど、その人の言ってた
「作品はまず、ぶっとんでないと」
が胸に残ってる。

あの頃の僕と今の僕、明らかに総合力で今の僕なのにどこかいつも劣等感を感じるのがそう、
「ぶっとんでる」
というもの。

あの頃、全力でぶっ飛んでた。

おk、

答えでました。

ばいにー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/405-3a8e55fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。