こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一番重要なこと by五味たろう

昔、自分が絶対的な力を持ち、皆も必死であればいい芝居ができると思っていた。


今でもその考え方は否定はしないのだけども「そんなこと」よりも重要な事があることに、恥ずかしいことに20を過ぎてから気づいたのです。

20の時点で芝居に触れて7年目ですよ。


誰がどれ程の力を持っていることではなく、それぞれがそれぞれの能力を把握し、共有できているか、が肝要です。

演出家の意図、作り方、理論理屈、性格、はてはプライベートまで知っているか。

ようはコミュニケーションですね。

極端な話、1年間一緒に芝居を作る仲間として完璧に演じるけど忙しくてほぼ参加できないAくんと、器用ではないが全出席できるBくんがいたとして、僕はBくんを選ぶのでしょう。

僕の仕事は演出することですから。
好みの問題かもしれませんが、全て理想通りに演出の通る人を使い、僕の理想ができたとして、恐らく僕は満足しません。

僕の理想がたかがしれているから、というのもあるのですが、僕がよろこびを感じるのは役者が「イメージのその先」をみせてくれた時であり、それを自分のお客さんに見せたいのです。

だから、大事なのは僕のことを知ってもらうこと。僕が役者のことを知ること。


ばいにー!
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/591-62e2cc64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。