こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


演出と演技指導の違い by五味たろう

だいたいは兼ねてる場合が多い。


強いて言えば

「こういうキャラで演じてほしい」が演出

「こういう風にするとそう見える」が演技指導

技術の方法論を提示する方が演技指導者です。

どっちかと言えば「兼ねていてほしい」ところですよね。

悪いわけではないんです。演出家が演技指導や、伝えるということにおいて得意としていないのは。そのリクエストに応える責任は役者にあるので。

ただ、兼ねていてくれるととても助かりますよね。

「こうこう、こう演じてほしい」
と根っこのイメージは強いのにそれをうまく伝えれない演出家さんとは時間や根気の勝負になります。
いかに早く、そのピンポイントを発見できるのか。

僕はその点で言えば演出家というより指導者寄りかもしれない。
「絶対このキャラでしてほしい」
とは思わない。

役者のスキル、あるいは僕の伝え方のスキルが劣っており、うまくすり合わせができないならば、他の方法で同じ満足のいく答えをだす。


他にも演出は個々のキャラ以外にも、芝居のリズム(スピード)やテンポ(間)を指定することでその雰囲気を大いに変えたりって仕事がある。

紛れもなく全体の雰囲気、演出の仕事。
こっちを変えていく作業が好き。

緊張感を出したり、崩して緩和したり、お客さんの心がどう動くのかを予想して先回りしていくような、詰め将棋をやってるような感覚。

本番、これが結構ピッタリ合う。
でも役者のコンディションに左右されるって、それが面白い。

芝居は理屈で出来ている。

一見理屈じゃないような感情の流れにも理屈がある。

終わらないってわかっててつきつめたいよね。


夢が叶うのが幸せじゃなくて、
夢を描いてるのが幸せだから。


ばいにー!
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/658-46c59b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。