こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役作りの根本 by五味たろう

いろんなシステム方法論や方法あれど、絶対的なものって何一つ聞いたことない。


当然っちゃ当然だけども、例えば役作りの考え方のベースとなる方法論があって、そのシステムが確立されていたとすれば、これ以上役者にとってありがたいことはないんじゃないかな?

仮に、それを実行するうえでは「一定のある能力」が必要だったとしても、それはそれで「その能力が必要なんだ」と思えるし。


演技でマイナーチェンジしかできない人とかさ、自分の中ではかなり変えてても演出家から「変えて」って言われるわけじゃん?
ほなら、役者は「え、変えたのにどうしろと」ってなるじゃん?
そりゃ表面上で変わってなんぼ、他者の評価で変わっててなんぼなのは大前提だけどもさ。

じゃあマイナーチェンジとそうではない差って何?
人間の差って何?

何を変えればそこまで変わるの?

そこには絶対理屈があるハズなんだけども、僕はまだこの答えをみつけていない。

本当に器用な役者さんはこの答えを持っているのかもね。
無個性な人。

そんな究極的な役者は僕は未だに見たことはないけどね。

つか、おったら多分小劇場界には居てないやろうしな。

あれだよ、表面上役分けが上手いとか、そんなどうでもいいレベルじゃないよ?


逆に、個性を見つける方法なら知ってるんだ。

「完コピ」

これね。

誰でもいいから
「完コピ」
してみる。

すると、自分の個性の正体がみえてくる。
何故ならば、
「完コピ」

なんて不可能に等しいから。

完コピに近づけば近づくほど、本当に細かい本当の自分が浮き彫りになるの。



今度、アップメニューでこれを体感してもらうメニューをやってみるぜ。


ばいにー!


ばいにー!

カモフラ詳細
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/662-8ceebf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。