こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まずは『自分の満足』って欲求が出るじゃん? by五味たろう

まずは『自分の満足』って欲求が出るじゃん?


今日は転換のエネルギーのお話。


自己満足、自己実現

目標設定、努力、達成の繰り返し。


ただ、それって、誰のため?
というところですよね。

「自分はこうしたい」「これがしたい」

それは、誰のため?


別に自分のためであることが悪いことではないですが。
自分だけのためにやることと、
自分のために、他人のためにやることと、

その二つの間にある魅力の差ってものはものすごくて。

僕的には後者をおすすめしているのです。


他者の喜びを自分の喜びとできない人は接客に向いていないだろうし、
同じように、他者の応援を自分の活力に変えられない人は役者に向いていないと思うのです。

ヘタかどうかではなく、応援されるのかどうか、ですね。
自分が出演する意味はそこに尽きます。


もし「自分がこうしたい」
例えば「自分の演技演出プランではこうしたい」
という欲求と
演出の「こう演じてほしい」
という要求とが喧嘩してしまった場合、

「自分の演技プランは誰のためにそうしたいのか」
を考えるといいんじゃないでしょうか。
もっと言えば「誰がそれを望んでいるのか」
を考えれば答えなんてすぐに出るのではないでしょうか。

どっちがいいとかではなく、考え方をそうすることで最悪、納得はできるんではないでしょうか。

僕は経験上、我を通して「成長したな」と思ったことは少ないのでどちらかと言えば演出の言うことを聞くことをおすすめします。

演出の言うとおりにやってみて、やりとおして、最後に見えてくるものが多いし大きい。
やり通した時。新しい感性に触れられる。


なんか棒氏が悩んでいたので僕なりに応えてみましたがどうでしょう。

ばいにー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/685-53d11f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。