こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辛いのがお好き  by五味太郎


ちょっとSな平和主義、

はろあー、太郎さんだよー。


合わせるといいことがない。
もともと僕はどちらかというと非きょうりょくてきな人間で、その根底には「めんどくさい」というどうしようもない精神があるからなのだけれども、時に気まぐれで他人に協力、ではないが合わせるという事をする。そして大体があまりよろしくない結果になる。自業自得なのだけれども。

この『五味太郎』という名前にしたってそう。これは別にジャンク堂に合わせているのではなく、もちろんそれも含むにしろ、実は森口バケツくんにあわせてるんですよ。

だってさ、本名が阪上でしょ?

この劇的☆ジャンク堂という名称が決定して、しばらくしてから森口くんが「名前、森口バケツに変えてもいい?」とメールをよこしてきたんですわ。

何故? って思うでしょ? 100%ストレートな疑問で何故? って。しかも微妙なネーミングだし。バケツの理由がわからない。
んまあそのへんは個人の自由と思い、了承しつつ、上記のような疑問を当然僕は彼にぶつけたわけです。んだら、

「そのほうがそれっぽいやん。」

ようはペンネームがあったほうが作家っぽいと。イキナリだな、と思うがいつものことでもある。
それにしても僕は特に命名などに関してはムダに固い意志がありまして、これと決めれば絶対変えないぐらいの気概を持っているので『そんな安易にバケツと決めてこれからずっとやっていくのか』とも思うわけです。や、最終的には個人の自由だからね? ネームにケチつけるわけでもないし。

そしてそうなってきたならば、よく考えてみてください。劇的☆ジャンク堂の主宰が

森口バケツ
阪上太郎

になるわけですよね。違和感MAXですね。しかも何故か『ジャンク堂』『バケツ』に対して『阪上太郎』が妙に浮いている。なんか逆に僕が悪いみたいになってる。『阪上てwwwww』みたいなことになってる。これは悔しい。容姿も性格もネーミングも滑稽な相方より滑稽にうつっている。僕は狙ったとこ以外で笑われるのはあまり好きではない。

となると、僕もバケツやジャンクにちょっとばかし合わせ、かつこれからずっと使っていけるようなステキな名前をここらでバチっと決めたいじゃないですか。

とりあえず『太郎』という名前はこれ以上ないぐらい気に入っているので、あ、すみません、僕ナルシストです。小心者だけど。ブログと心の中だけね。で、太郎は可能な限り固定でいきたい。太郎に余計な漢字が入るのもNG。太郎は太郎。

やっぱり『阪上』を変えなければならんと。ちなみにコレ阪上(サカウエ)だからね。よくサカガミと間違えられるけども。あと阪は大阪の阪で土へんの坂ではないので念のため。これも結構間違われるからね。高校のジャージも『坂上』で刺繍されてて、もういいやーってなったぐらい間違われる。

ボツとしては
・阪上モップ(太郎が消えてる上、バケツに合わせすぎているので却下)
・放棄太郎(放棄しているみたいでイヤだから却下)
・箒太郎(字が難しいし語呂がスカっとしすぎているので却下)
・ティッシュ太郎(なんか嫌)
・埃太郎(ムダに高貴な感じがしないでもないから却下)

というのがありまして、いろいろ考えた末、シンプルかつ味のあり語呂も悪くない五味太郎になったのでした。

五味太郎さんというと、書き物している方がいらっしゃいます。僕も小学生の頃、五味太郎さん著書のことわざ辞典みたいなのを読みあさった覚えがあります。本を開けば右のページ一杯に雑な絵とことわざ、左にはそのことわざを面白可笑しく変えたものと絵が。とっても読みやすくて面白い。

例:火の無いとこに煙は立たぬ → 屁のないとこにあぶくはたたぬ(子供がプールで屁をしている絵)

グーグル検索すればこっちの五味太郎さんがこれでもかというぐらい溢れてきますが、いつか僕も半々ぐらいで検索結果に出たいものですね。

で、で、でですよ。
最近バケツからこれまたなんの前触れもなく突然メールが来てですね、
「名前、葛野(クズノ)バケツに変えてもいい?」
ときましてですね。
彼もきっと思ったんでしょうね。「森口て」と。
それにしてもその時の気分に正直に動く方だ。仮にそこで僕がダメって言ったらなんと反応するんでしょうね。おそらく「わかった」と文字で送りながら腹の中では納得できず、数分後「なんで?」とか「どうしても?」とかくるに違いない。

最終的に個人の自由ですからね。それにしてもペンネームてちょっと恥ずかしい。正直『五味太郎』とか名乗っちゃってるの恥ずかしい。あまり演劇に興味ない友達から「なんで五味太郎なん?」とか言われたらどもって赤面するしかない。きっと「ああ、まあ、なんとなくかな(笑)」みたいなことになる。

みんなバケツのせいだ、ということにしておこう。

名前を変えてから一緒に仕事したことないのだけど、これからそんな風に呼び合うのだろうか。
僕「バケツ」
バ「五味」
シュールだ。

いつ彼がまた「やっぱ森口でいくわ」というのか、そればかりが不安でたまらない。その時は絶対言ってやろう「いい加減にしろ」
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/8-e3ed3d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。