こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消去法 by五味たろう

考えの的を絞るため、
「これは違う」
という選出をし、
答えに辿り着く方法

僕は優柔不断だから、
打算的に物事を考え、
消去法で動く。

これは大変危険な行為
もし、
「違う」
と一度認識してしまったものが、
「実は違わなくもない」
もしくはそれ以上の存在であった場合、

「違う」を改める自分をつくるのに苦労をする。


役作りにおいてはかなり痛手となる。

対して副座長のマナカは、選択はするが、
一度用意した選択肢は決して捨てることはない。
これはベストな指向だと思う。

しかしながらそれは誰もが器用にできる方法ではない。

冒頭のように僕のような優柔不断とされる人種は、その存在がどこかでチラついているだけで気になって仕方がない。
だから、割りきって行動するしかないのだ。

「いい」と、推したこと。
「いけない」と、やめたこと。
「どうだろう」と、迷うことも、

全てを躊躇いながら行動している。

これは別に僕のような人以外は考えなしに行動している、と言いたいわけではなく、ようは、僕が「必要以上」な考えをするというだけの話。

基本、満足をしないのだ。

結果が出る前は
「もっとがあるかもしれない」

結論が出たあとも
「もっとできたかもしれない」

そういうふうに、永遠に満たされることはない。
ある種、次への原動力や動機に繋がっている。

死ぬまで止まることはないんだろう。

優柔不断も、捨てたもんじゃないという話でした。
すべての優柔不断の人へ、

迷いながらそこに立っている自分は、悪くはないでしょう?



ばいにー!

ツイッターやってます!
五味たろうhttps://mobile.twitter.com/gomitaro_jank

フェイスブック始めました。
(五味たろう)

次回の五味が輝く舞台はコチラ!!!
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/blog-entry-809.html#more
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/824-4ebed2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。