こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひみつのサルベージ by五味太郎



迷ったら

とりあえずやってみる。

はろあー。ブレーキ欠落モーターカーこと五味太郎さんだよー。


先日も記述したとおり、バケツくんがブログを更新できないんですよね。
彼のファンとしては心がいたくてため息がハァと漏れる毎日です。

だって僕が更新しないといけないじゃないか。めんどくささで心が痛く、ため息がフゥと漏れる夜10時です。もう10時か!

とかく日記更新ってのは好きなときにやらないと無駄にプレッシャーなんですよね。特に僕らは「見て面白いもの」を追求していますから、常に文章には気を、、、使ってないっすね!

や、本当は使ってるんです。本来の僕ならば5行に1つはシモネタが入ってますからね。バケツには固く禁じられているわけですけども。ヤツもたいがいだと思うのは僕だけでしょうか。バケツはバケツで自制しているんですけどね。

だからね、あんまりな内容をのせると三谷幸喜似の相方が、裸の大将のような相方が突然僕の家に訪問、否、訪問どころではなく帰ったら何故か部屋にあがりこんでいて『あのさぁ、ブログに変なこと書くのやめてくれへんかなぁ?』とか真顔で怒るんですね。怖いわぁ。

だから今も力を封印されたままだと何もかけない。(それはどうなんだ五味太郎)

そこで僕は思いました。

『過去の自分であれば若気の至りとして許されるのではないか』

お得意の詭弁ですね。

ようは誰もが持つ「黒歴史」をネタとして公開するわけです。正直超恥ずかしいんだけど、僕が中学生の時に書いていたブログをうpしようと考えているのですね。超恥ずかしいんですけど。

ついでに「訪問者数UP企画」として、ブログ右上のカウンターが一日に25人の日がひとつあるにつき、黒歴史公開という諸刃の剣手段をとりたいと思います。「うわ! なんか見たいわ!」って思った方はバッシバシブログを紹介しまくってください。ミクシィとか使って(←よくわかってない)
基本的にサルベージで申し訳ないのですが。あ、後笑えたら『拍手』を! 『自分面白いものかけてるのかなぁ……』と滅入ってるバケツくんがとても喜びます。


今回は特別に実験的公開です。コレは中3の受験シーズンに書いた「頑張ってる受験生へ。 『しょせんは運よ』 」という記事ですね。
※中学時代の彼は病気です。触れないであげてください。





















今日はですね、なんと受験だったのですよ。実は受験生な俺。

朝方4時に目をさましてしまい、やはりというか必然というか丑三つ時だったからなのか金縛りにあっちゃいましてね。いや、それがもう俺の体をもてあそぶかのように「ドサ」っと覆いかぶさってきたような重みを感じたかと思えば開放されて、また「ドサ」っと。繰り返しです。メッチャ怖かった。

まぁ慣れてるっちゃ慣れてるんで不快ながらも深い眠りについて6時に起床。もちろん朝ご飯はかかせません。一日のスタートですから、体力はきっちりとっておきます。赤味噌の味噌汁(ワカメ・トウフ)

母が車で会場まで送ってくれるそうで、ご好意に甘えておきました。

そして試験会場。アレですね、皆顔が老けてるというか大人というか、大変にプリチーすぎる俺が場違いのように思えてきました。ロックコンサート会場で一人クラシックみたいな。

んで、例によってジロジロ見られるんですよね。アレか? やっぱり男なのに髪の毛長いからか? 髪の毛は性の象徴だぞハゲどもが!

試験のオッサン「え~、それでは~、受験生の皆様~、受験番号ごとに班をつくって2列にならんで下さい~」
一人心の中で憤慨していたところで指示が。プラカードを持った先生方がいるようで、そこへ並べと。俺の番号は1180ですからアソコに並べばいいのか。ふんふん。楽しくなってきたぞ。

しばらく並んでいると
?「アンタどこ並んでんのん?」
振り向けば同じ学校の受験者♀
俺「見てわからんのか、俺は受験番号1180『いいよぉー』なのさ」
わざわざ受験票まで見せてやります。この受験票が目に入らぬか! バカものめ!
♀「はぁ? そこは1060~1099やろ。」
ぬわにぃ!? おぅ、マジデース。でもトゥーンにはキキマセーン。
俺「まぁ、イタリアンジョークよ。向こうやろ? わかってたさ」
とぼとぼ本来俺が並ぶべき列へ並びなおします。正直アブナカタ。入試早々の問題児も魅力的だがな。

程なくして各教室への移動。俺は一番右後ろの席でした。いまのうちに俺の武器を並べて置きます。
・鉛筆3本    ・消しゴム2個    ・シャー芯
・直定規     ・シャーペン一本   ・コンパス

開始まで20分もあるそうで、いまのうちに武器を精錬させておきました。
・鉛筆(数字とキゴウを書き入れ、コロコロの発動が可能に)

ふふ・・・・・・。さっき俺を救ってくれた戦友がちょうど前の席だったのでこれを伝授してさしあげましょう。肩をツンツンしてこちらへ向かせます。

♀「?」
俺「これを見よ」
♀「? なに?」
ハァー、キョトンですか。この最終兵器ペンソーを前にキョトンですか。致し方ない、説明しよう。
俺「コロコロ鉛筆だ!」
♀「(´・ω・)=3」
え? ナニ? ちょっとやめてよその呆れましたーみたいな表情。ホラ! アンタのせいで他校の♀どもがクスクス笑ってるじゃない!

恩を仇で返されました。ふん、しょせん今日の友は次の敵か。
キーコーンカーンコーンとチャイムが。プリントが配られます。

どうやらこうやら一時間目は国語のようです。問題をざっと見ると特徴が。問題数が少ない割に、さらにその半分を文章題がしめ、最後には・・・・・・きました、論文です! もう得意分野です。

まぁ冷静に分析するとですね、ひとつの配点が非常に大きい。そして文章題以外はやたらと難しいのとやたらと簡単なのが半分半分。これが意味するのはつまり、文章第に重点がおかれているわけです。この戦もらいました。スラスラです。

最後の作文は200字という無謀な数字以内で文章を作れということなので、3行に一回は下ネタを挟むという野望は朽ち果てましたが、メタファーとしていろいろ書いておきました。創立100周年前代未聞の怪文書ですよ、ほめろ。

あっという間に40分がすぎ、休憩時間。ヒマすぎるのでポケットに入ってたガチャピンとカンテーレの人形で3人で会話します。

ガチャピン「テストどうだった?(だみ声」
俺「まぁ、そこそこかな」
カンテーレ「ボチボチやのぉ(のぶとい声」

なんか横の♀がイヤーな動物を見た目で見ていましたが、コイツ、目があったとたんそらしやがりました。ちくしょう、ちょっといいツラしてるからってなんでも許されると思うなよ。名前覚えてやる。と受験票を覗き見。「×× 万里子」アレですな、エロイわ。

と、次の教科。数学。よくわからず終了。算数は計算の学問、数学は概念の学問。俺に概念はいりません。次です、次。

「英語」
出ました、ラスボスです。中ボスすらロクに倒せていないのにラスボスのおでましです。しかし最近の英語の問題はキゴウ問題がわんさか。だから俺でも結構楽だったんですね。もえたん見ておいてよかった。

英語はラスト10分がリスニング6問。やばいです、かろうじて聞こえたのが「カイパーン」
カイパーンって何? 海水パンツ? さっきも答案に「日本茶」って単語わからなかったから英語で「ジャパニーズオチャ」って書いたぞ。そんな感じでいいのか? いいわけない、というかこれはキゴウ問題。

そう、ここまであっためておいた最終兵器ペンソーが火をふくときがきました。
第1問コロコロコロコロ.....イ!
第2問コロコロコロコロ.....イ!
第3問コロコロコロコロ.....イ!
第4問コロコロコロコロ.....イ!

イばっかじゃねーかよ! もう天文学的数字でイ出してるよ! そんな運いらねーから合格させてくれ!
まぁとりあえずイでいっておきました。5・6問はウとイでした。

受験も終わり開放感に満ち満ちた気分のまま、母のおごりで外食に。やすううううい日替わりランチが破格のボリュームだったので二人してそれを食べ、チラシについてたドリンクバー無料チケットで飲み物飲んで談笑です。

俺「母さん、補欠合格ってさぁ。あそこあったっけ?」
これだけは聞いておかなければなりません。どっかの某いちご真中くんみたいに仲良く補欠合格になったツンデレ美女とハァハァになるやもしれませんからね。
母「ないよ」
一刀両断でした。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/85-413a44f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。