こまごめゴミゅにてぃ
独り楽しく、語を愛で、五味が綴る。お茶の時間。   もりもり絡んでね!

バナー

バナー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



気軽にもりもり絡んでね!!

もりもり絡んでね!!

名前:
メール:
件名:
本文:



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいv



プロフィール

五味たろう

Author:五味たろう
大阪を拠点に活動する劇団『劇的☆ジャンク堂』を主宰する「五味たろう」の掃き溜め。

【五味たろう】
あ
1990年 4月27日生まれ おうし座 AB型
座右の銘:舞台に真摯、仲間に感謝、お客に誠実
演出屋。お仕事(助っ人)募集中。依頼お気軽に。



検索フォーム



リンク

ばなー

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五味の演出講座 ~vol.2 僕の場合 演出とは(続き)~


まてまてーい
ご無沙汰だった拍手が3もついてるやないかーい!

道端で1000円札を拾う、思わぬラッキーマンこと五味太郎です。


僕とバケツはまがりなりにも『面白いもの』を意識してブログを更新していました。なのに最近はめっきり拍手もなく、もしかしたらこれは『誰も見てないんじゃね?』という仮定はしても『面白くないんだな』って仮定はしなかったのです。

なのに何気なく始めた新企画でコレだよ。もう今までのが面白くなかったんだなと思わざるをえない。『映画が最終話だよっ!』な終わり方をした仮面ライダーディケイドぐらいがっかりだよ。ちなみに僕はしっかりと子供に混じって映画を見に行くつもりなのでねんのため。


と、余計なことはここまでにして早速いきましょう。五味太郎の演出講座。前回の続きで『演出家とは何か?』の【概念的なモノ】な視点での見解ですね。

これは僕の演出(家)持論の中でも秀でて持論ですが、それだけに僕の演出(家)に対する想いの”核”でもあります。何気なく「へー」とでも思ってやってください。


演出家を概念的なもので言うと『そのお芝居が一番好きな人』が演出家です。

何故かって?

好きだから「ああしたいこうしたいのイメージが沸く」好きだから「ゆずれない。つい熱くなる」
一番好きだから「独りになる」

「この芝居めっちゃ好き!」という役者よりも「いや、僕この芝居特に好きじゃないから」という演出家の想いのほうが実はまだ強いのです。基準値が違うだけで。

僕は前回記述したとおり、中学の頃は特に演出の存在すらわかっていませんでした。しかし、今思い返せば僕がやっていたことは演出だったのです。知らず知らずのうちに僕は「ああしよう」「こうしよう」「こうしたい」「これ面白いんちゃう?」そんなことしかしていませんでした。

そしてそれは僕が『バケツの脚本』彼の描くストーリーが大好きだったからこそ沸いたイメージであり、実行できたことでした。

もしも僕が『演出家』の具体的な仕事について知ってから演出をやろうとしていたら、今のような力はなかったでしょう。きっと壮絶な苦労をしたと思います。

だから、感覚でいいのだと思います。自分がどう面白く感じるのか、どうすれば自己満足ができるのか。ただただ感じてって。

最終お客さんが正しいんだからそれまでの稽古は自己満足でいいんですよ、演出は。もちろん仲間は「それをよし」としてくれる方でないとまいっちんぐなわけですけど。

お芝居を技術うんぬん知識うんぬんで勉強したり、あるいは批評批判、分析することも大切かもしれません。しかし大多数の一般客がそんな目で芝居をみているでしょうか? その視点でみるために芝居をみにくるでしょうか? ほとんどのお客さんは「楽しみに」きているのではないでしょうか? 僕はそう思いますし、何よりそうであってほしいです。

究極的に言えば(お芝居に限らず)見たもの感じたことが『面白かったのかそうでなかったのか』で十分でしょう。

勉強になるぐらいでしかないプロの芝居に大枚はたくのと、アマで荒いつくりでも大いに笑えるのと、どちらにずっと行きたくなるのでしょうね。

上記は少々偏った差別的な言い回しですが、多いじゃないですか、現在の演劇事情(環境)では。

お世辞で「あそこがどーだった。あの演出すごいよね」なんて本当は言いたくない。僕はただ単純に「めっちゃオモロかったなぁ!」でいいと本気でおもってます。それこそ究極なのだと。

だから演出家はその芝居を一番好きでなければならない。「めっちゃオモロかったなぁ!」に「そやろ?」といえる感性を持っていなければいったい誰を楽しませることができるのだろうか。誰がそんな演出家についてきてくれるのだろうか。

芝居がこけたら、失敗したら、面白くなかったら、それは全て演出家のせいです。



かなり荒々しい順序もへったくれもない説明でしたが、大体こんなものでしょうか。演出(家)の概念。

ザクっとまとめると
1、『その』お芝居を一番好きな人が演出家である。
2、演出家は常に現時点での自身の感性の究極で芝居をつくらねばならない。
3、面白くない演出家はただの詭弁家だ。


次回は早くも具体的にどうするのか『実践編』をやってみたいと思います。活字で演出を伝えるなんてまあ不可能なのですが、出来うる限りやってみるつもりです。

それでもきっと至らないところは多々あるでしょうから、そこらへんは質問があれば補足していきたいと思います。

ああ、0時までには書き上げるつもりだったのに……。遅くなりましたのでこのへんで。せーの、

バイニー!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://gomibaketu.blog26.fc2.com/tb.php/87-b7b1f537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。